織物のご案内

厚司織アットゥーシ

厚司織

北海道

もともとは北海道の先住民であるアイヌの民族衣装で、オヒョウ(ニレ科)や科木(シナノキ)の皮を細く裂いて糸にし、独自の織機で織り上げられていた。
江戸時代初期に日本本土から織物の技術が伝わり、それまで無地でつくられていたものに刺繍やアップリケが施されるようになり、アイヌ特有の様々な文様の厚司織が見られるようになる。
麻に似た生地はハリがあり丈夫で水に強く、軽くて通気性があるのが特徴。
現在も北海道の限られたところで伝統技法が受け継がれてつくられている。

Pagetop