織物のご案内

葛布くずふ

葛布

静岡県

「かっぷ」とも呼ばれる葛の繊維を紡いだ糸からつくられる織物。緯糸(よこいと)と経糸(たていと)の両方に葛糸が用いられているもののほか、経糸に絹や麻、木綿の糸を用いるものもある。
鎌倉時代には静岡県・掛川が特産地として知られるようになり、江戸時代には、丈夫で水に強い葛布は裃(かみしも)や袴(はかま)、道中合羽などにも重用されていた。
葛ならではの光沢のある質感とサラっとした手触りが特徴。

Pagetop