織物のご案内

藤布ふじぬの

藤布

京都府

縄文時代より日本で愛されてきた布地で、藤の皮の繊維織物。
日本各地で衣服などに利用されてきたが、木綿が普及してからは衰退してしまい、現在では京都の丹後地方などの限られた地域で生産されている。水をはじく丈夫な生地が特徴。

この織物の取扱工房・作家

Pagetop