織物のご案内

科布しなぬの

科布

山形県

起源は定かでないものの、沖縄の芭蕉布、静岡の葛布とともに「日本三大古代布」に数えられている大古代布の一つ「しな布」。
科木(シナノキ)の皮を細かく裂いて糸に紡いで織りあげる布。
素朴な手ざわり、自然のおりなす色、丈夫で水に強いのが特徴で、使うほどにしなやかな味わいが増してくる。

Pagetop