織物のご案内

琉球紅型りゅうきゅうびんがた

琉球紅型

沖縄県

14~15世紀にはあったとされる沖縄県発祥の染めで出来た織物で、琉球王国の時代に王族などに重用されており、
東南アジア諸国と交易を結ぶ中で様々な技法を取り入れ、琉球独自の文化を築き上げてきた。
沖縄県の指定無形文化財。琉球びんがた事業協同組合では「琉球びんがた」と表記。
「琉球びんがた」には、複数の色を用いる紅型と、藍一色で染める藍型があり、それぞれに型紙を使う型染、手で模様を描く筒引きの技法が用いられる。
華やかで色鮮やかな地色や柄が特徴で、現在も沖縄県の成人式や結婚式などの正装としても用いられる伝統衣装。

この織物の取扱工房・作家

Pagetop