織物のご案内

琉球絣りゅうきゅうがすり

琉球絣

沖縄県

沖縄県の南風原を中心として織られる絣の総称。
琉球王朝の時代(14~15世紀頃)、東南アジア諸国との交易により織物の技術が伝えられ、王族などに献上されたと伝えられている。
主に絹で作られており、琉球絣の特徴である鮮やかな藍色のほかに、現在では様々な技法やデザインが取り入れられ、600種以上の柄があるともいわれている。

この織物の取扱工房・作家

Pagetop