織物のご案内

宮古上布みやこじょうふ

宮古上布

沖縄県重要無形文化財

沖縄県宮古島で生産される上布と呼ばれる麻織物の最高級品。
手紡ぎの苧麻(ちょま)糸、天然染料を使用し、2カ月以上かけてつくられる。
15世紀頃から織られていたと考えられており、昭和53年に国の重要無形文化財に指定。
伝統的な十字絣が特徴で、現在では様々な色や文様が織られている。
重要無形文化財の指定要件は、絣模様を施す場合は手括りによる技法であること、仕上げ加工は手打ちによる砧打ちを行うこと、使用する糊はサツマイモのでんぷんを用いて調整することなどがある。

この織物の取扱工房・作家

Pagetop