宮古上布5-1-1620

宮古織物事業協同組合

 1枚目
 2枚目
 3枚目
 4枚目
 5枚目
 6枚目
 1枚目
 2枚目
 3枚目
 4枚目
 5枚目
 6枚目

商品情報

カテゴリー名古屋帯
商品名【重要無形文化財】宮古上布 八寸 藍
商品コード5-1-1620
素材/材質手績み苧麻
商品説明宮古上布八寸帯
柄:縞
染色:インド藍、福木

宮古上布:国の重要無形文化財に指定されている最高級の麻織物。
沖縄の宮古諸島で育った苧麻から手績みした糸を植物染料で染め、手織りで織りあげられます。仕上げに木槌で布を叩く砧打ちをすることで、ロウのような独特の光沢感のある布に仕上がります。軽くて通気性に優れており、暑い夏でも快適に過ごせます。

宮古織物事業協同組合:沖縄県宮古島市にて、宮古上布の歴史と伝統を守り伝えるため、昭和33年に設立。苧麻の栽培から糸績み、絣締め、染め、砧打ちの全行程を宮古島で一貫して行う生産体制を維持し、宮古上布の品質の保持に努めている。
  • ご購入前にご来店いただいてご確認いただく事も可能です。ご希望の方はご相談ください。
  • お客様がお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 店舗の販売状況との兼ね合いにより、在庫切れの可能性がございます。
    詳しくはお問合わせください。

Pagetop