織物のご案内

南風原花織はえばるはなおり

南風原花織

沖縄県

琉球絣とともに、沖縄県の南風原町を中心として織られる花織。
南風原花織の技法は明治時代の頃より母から娘へ伝えられ、大正時代に現在の技法が確立されたといわれている。
沖縄県に自生する琉球藍、福木、テカチ染め等の植物染料を用いてつくられており、浮き出した柄と多様な織りの技法が特徴。

この織物の取扱工房・作家

Pagetop