織物のご案内

芭蕉布ばしょうふ

芭蕉布

沖縄県重要無形文化財

バショウ科の多年草イトバショウから採取した繊維を使って織られた布(織物)のこと。
100年以上前、琉球王国の時代からつくられている沖縄の伝統工芸品。
昭和49年(1974年)に国の重要無形文化財に指定され、平良敏子氏をその代表に認定。
軽くて丈夫、素朴な風味が特徴で、無地、縞、絣など様々な模様がある。

この織物の取扱工房・作家

Pagetop