商品のご案内

宮平 初子/宮平織物工房みやひら はつこ人間国宝

首里織

大正11年(1922年)沖縄県生まれ。学校卒業後、染色家として名高い柳悦孝氏の工房に入り、染色や織物の技法を学ぶ。
戦後は琉球織物の復興と織り手の教育に尽力し、昭和45年(1970年)には沖縄県那覇市に「宮平織物工房」を開設。
平成10年(1998年)「首里の織物」の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
長女のルバース・ミヤヒラ吟子氏は、沖縄県の重要無形文化財保持者として認定されている。

この工房・作家の取扱商品

Pagetop