買い物カゴ

首里織5-2-12563

宮平 初子/宮平織物工房

 1枚目
 2枚目
 3枚目
 4枚目
 5枚目
 6枚目
 7枚目
 8枚目
 9枚目
 1枚目
 2枚目
 3枚目
 4枚目
 5枚目
 6枚目
 7枚目
 8枚目
 9枚目

商品情報

カテゴリー名古屋帯(九寸)
商品名首里花織・首里絣九寸帯 お太鼓柄
商品コード5-2-12563
素材/材質絹100%
サイズ/寸法 長さ:約520cm
幅:約36㎝
商品説明宮平織物工房作の首里花織・首里絣九寸帯です。
白地に首里絣と緯浮花織が入ったお太鼓柄です。
首里織は、琉球王国の首里で織られ、上級階級の衣料として発展してきました。
洗練された意匠と多彩な技法が特徴で、「首里花織」「首里花倉織」「首里道屯(ロートン)織」などが代表的です。
組織の変化で模様を表現した首里花織では、主に両面浮花織が織られていています。
首里織の着物や帯として作られているものは、絹糸で織られた花織がほとんどです。
首里絣は、「巾小結(ハバグヮーユイ)」と呼ばれる首里独特の手結の技法で、絣の原型ともいわれています。


◆◇◆着用商品◆◇◆
久留米絣・着尺(51-6-48770)
帯留め(96-5-00020)

郡上紬・着尺(52-6-32820)
帯留め(96-5-00053)
  • ご購入前にご来店・郵送にて商品を実物をご確認いただく事も可能です。
    ご希望の方はご相談ください。
  • お客様がお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 店舗の販売状況との兼ね合いにより、在庫切れの可能性がございます。
    詳しくはお問合わせください。

Pagetop