芭蕉布5-2-31687

平良 敏子/芭蕉布織物工房

 1枚目
 2枚目
 3枚目
 4枚目
 5枚目
 6枚目
 7枚目
 8枚目
 9枚目
 1枚目
 2枚目
 3枚目
 4枚目
 5枚目
 6枚目
 7枚目
 8枚目
 9枚目

商品情報

カテゴリー名古屋帯(九寸)
商品名【重要無形文化財】喜如嘉の芭蕉布・九寸帯 煮綛芭蕉布 ヤシラミー花織 赤地 六通柄
商品コード5-2-31687
素材/材質手績み芭蕉糸100%
サイズ/寸法 長さ:約4m95cm
幅:約36cm
商品説明芭蕉布織物工房作の「喜如嘉の煮綛芭蕉布」ヤシラミー花織九寸帯です。
赤地に黄色と緑のヤシラミーグラデーションで、色鮮やかな煮綛らしい帯です。
ヤシラミーとは配列を変えて織る市松のことをいいます。
芭蕉布は、糸芭蕉の茎から繊維を取り出し、結びつなげて績んだ糸で織られています。
染料には、藍色に染める琉球藍や茶褐色に染める車輪梅という植物染料などが用いられています。
芭蕉布の地色は生成りですが、黄色や赤などカラフルに染めた芭蕉布を「煮綛(ニーガシー)芭蕉布」と呼びます。
煮綛とは、染色工程で行われる作業のことで、一定の長さに束ねた糸を木灰汁で煮ると柔らかくなり色が染まりやすくなります。
通気性がよく、軽くさらりとした風合いの芭蕉布は涼しく、夏の帯に最適です。
「喜如嘉の芭蕉布」は重要無形文化財に指定されています。
製造法:手結い、手おり
染料:琉球藍、車輪梅、相思樹、福木、マンゴー、茜

◆着用商品◆
芭蕉布・着尺(5-4-20764)
  • ご購入前にご来店・郵送にて商品を実物をご確認いただく事も可能です。
    ご希望の方はご相談ください。
  • お客様がお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 店舗の販売状況との兼ね合いにより、在庫切れの可能性がございます。
    詳しくはお問合わせください。

Pagetop