広瀬絣51-7-36615

天野紺屋

 1枚目
 2枚目
 3枚目
 4枚目
 5枚目
 6枚目
 7枚目
 8枚目
 1枚目
 2枚目
 3枚目
 4枚目
 5枚目
 6枚目
 7枚目
 8枚目

商品情報

カテゴリー名古屋帯(九寸)
商品名広瀬絣・九寸帯 ずらし幾何に菊と桐
商品コード51-7-36615
素材/材質綿100%
商品説明天野紺屋作の広瀬絣九寸帯です。
「ずらし幾何に菊と桐」の六通柄です。
広瀬絣は、島根県安来市広瀬町で作られる織物です。
1824年に町医者の長岡貞子が米子で絣の染織法を伝授され広めたのが始まりとされています。
倉吉絣、弓浜絣とともに山陰の三絵絣の一つとされています。
大柄の絵絣が特徴で正藍染して織り上げられます。

◆着用商品◆
広瀬木綿・着尺(52-6-74295)
  • ご購入前にご来店・郵送にて商品を実物をご確認いただく事も可能です。
    ご希望の方はご相談ください。
  • お客様がお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 店舗の販売状況との兼ね合いにより、在庫切れの可能性がございます。
    詳しくはお問合わせください。

Pagetop