首里織5-2-33834

米須 幸代・新垣 みどり/あや工房

 1枚目
 2枚目
 3枚目
 4枚目
 5枚目
 6枚目
 7枚目
 1枚目
 2枚目
 3枚目
 4枚目
 5枚目
 6枚目
 7枚目

商品情報

カテゴリー名古屋帯(九寸)
商品名首里ロートン織 お太鼓柄 白 花織
商品コード5-2-33834
素材/材質絹100%
商品説明首里ロートン織九寸帯
柄:白地のロートン織に、お太鼓と前腹は藍のグラデーションになっています。

首里織:琉球王国の首里で織られ、上級階級の衣料として発展してきました。洗練された意匠と多彩な技法が特徴で、「首里花織」「首里花倉織」「首里道屯(ロートン)織」などが代表的です。

首里道屯(ロートン)織:首里で織られている浮織物で、昔は士族以上の人に着用が許されていました。裏表とも経糸の浮く織り方が特徴です。

あや工房:首里織で名高い大城志津子氏に師事、同学の米須幸代氏・新垣みどり氏が開設した沖縄県の首里織物工房。自生する天然の染料で糸を染め上げ、天日干しでの退色と染色を繰り返し手間をかけて作品をつくられています。
  • ご購入前にご来店・郵送にて商品を実物をご確認いただく事も可能です。
    ご希望の方はご相談ください。
  • お客様がお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 店舗の販売状況との兼ね合いにより、在庫切れの可能性がございます。
    詳しくはお問合わせください。

Pagetop